製造業を中心にDX化を支える新しい考え方。エッジコンピューティングについて3分で解説!

IT業界のみならず、製造業など企業を中心にエッジコンピューティングという言葉が注目を集めています。いわゆるDXと同じように概念的なお話なのですが、この考え方を使って無人店舗や自動運転、農業に至るまで意外と僕たちの身近な事例に活用されています。今日は少し前にNewsPicksにUPされていた記事をIT初心者の僕の目線から3分サイズで簡単にまとめます!詳しく読みたい方は是非元ネタの記事をリンクに貼ってますのでそちらをご覧ください

この記事で分かること

  • クラウドに必要なデータを集めて中央処理する方法の対極として、例えば工場で動いているIoT端末(エッジ)やその近くに置いてあるエッジサーバーでデータの処理をする分散型コンピューティングの事をエッジコンピューティングという。
  • これまでクラウドのみだった時に発生していた3つの大きな課題を全て解決、もしくは大幅に軽減出来る。基本はクラウドとエッジコンピューティングは両方使う事が多い。
  • クラウドに比べるとコストが高く、複雑化しやすいというデメリットもあるためまだまだ成長・改善の余地がある。

記事のポイント

エッジコンピューティングとは

  • クラウドに必要なデータを集めて中央処理する方法の対極として、例えば工場で動いているIoT端末(エッジ)やその近くに置いてあるエッジサーバーでデータの処理をする分散型コンピューティングの事をエッジコンピューティングという。
  • これまでクラウドのみだった時に発生していた3つの大きな課題を全て解決、もしくは大幅に軽減出来る。基本はクラウドとエッジコンピューティングは両方使う事が多い。
  • 素早くデータを処理したいものはエッジで。データを蓄積したり管理したりするのはクラウドという使い分けでお互い良いところを活かしあえる。
  • IoTエッジ市場は2019年で331億円。このまま2023年まで22.9%の年成長率を誇り、742億円規模にいく勢い。

クラウドのみだったときの課題

  1. 中央集権型の処理だったので、ネットワークに負荷がかかっていた。
  2. どうしても距離的に遠いところにあり、たくさんの処理をしないといけないのでタイムラグが最大数秒生じていた。
  3. クラウドである以上はセキュリティーのリスクは避けられない。

エッジコンピューティングのメリット

  1. 端末とエッジサーバ内で処理は完結。必要なものだけクラウドに渡す事で負荷が分散出来る。
  2. 端末そのもの、もしくは物理的に近いところにあるエッジサーバで処理をするのでリアルタイムで対応出来る。5Gの技術も普及すれば更に追い風に。
  3. 外部ネットワークであるクラウドに行くことなく、エッジサーバまでの中で処理が出来るので外部にさらされる危険性が少ない。

課題と留意点

  • セキュリティー対策としてしっかり暗号化するなどの対策は必要。
  • 最近は内部での処理も毎回本当に安全か確認して処理をするゼロトラスト(何も信用しない)という考え方でセキュリティーを考えるケースも増えている。
  • クラウドに比べてどうしてもコストが高く、大規模な企業ほどたくさんのIoT製品を使っているのでシステムが複雑になりやすい。
  • 管理やメンテナンスは本社専門部隊が集約して対応していく、現場でも解決出来る簡単な事をマニュアルを整備するなど、上手く工夫する事が大切。
  • 無人店舗や自動運転、農業での無人トラクターなどではエッジコンピューティングが活躍している。

まとめ

ITの話をしていますが、強い組織にもそのまま当てはまるなーとこの記事をまとめながら思いました。本社や上司(クラウド)が全ての情報を集めて処理していたらいつまで立っても終わらない。しかし、エッジ(各現場社員)とエッジサーバ(課長やチームリーダー)が自ら処理をし、行動して行くことでスピード感も増し、PDCAも早く回転出来る。本社は必要な情報だけしっかり回ってくるので、全社的にどうすれば良いか考える事に時間を集中出来る。

でもそれだけ自律して動いていける優秀な人材を多く雇うとコストが高くなるし、各自が自立しているからこそ、複雑な組織になる可能性がある。でもそこは人の動きをデジタルで見える化し、マネジメントに長けた人材を本社に抜擢する事で、客観的な数字で状況を把握しながら必要なタイミングでフォローする事が出来る。

完全には合ってないかもしれませんが概ねはこの考え方であってるんじゃないでしょうか。今後もこの分野には注目して、そして近い将来この商談を自分も経験出来るように日々頑張ります!

リンク

記事ページ⇒https://www.softbank.jp/biz/future_stride/entry/technology/edge-computing/20210201/?utm_source=fs&utm_medium=social&utm_campaign=_BIZ_np_20210211_2

NewsPicks会員登録ページ⇒https://premium.newspicks.com/?_ga=2.51530861.57257974.1610419477-2032429603.1588486712

経済を学ぶならここから!ビジネス書1冊分の月額費用でそれ以上の情報価値を⇒https://fukumori-happysapuri.com/nerwspicks/