神戸のシンボル、神戸海洋博物館を堪能してきました♪船・港・ロボット、好奇心をくすぐるテーマがいっぱい!

先日の美術館に続いて、(https://fukumori-happysapuri.com/art/)今度は博物館に行ってきました!皆さんも神戸といえばポートタワーとセットで必ず出てくるので見たことある方も多いのではないでしょうか。神戸海洋博物館に行ってきました。平日に行ってきたこともあり、館内は空いていてゆっくり堪能出来ました♪

神戸海洋博物館

大海原を駈ける帆船の帆と波をイメージした白いスペースフレームの大屋根が特徴的な「神戸海洋博物館」は「海から港から神戸が始まり、未来に船出する。」をコンセプトに、1868年の近代神戸港の開港から120年目に当たる、1987年に「神戸開港120年記念事業」としてオープン。船の仕組みやクルーズ客船の魅力、港の施設や海・船・港の歴史と未来を体験する博物館役割。古の時より時代とともに移り変わる港と街の様子を、航海計器や船具の「実物」や「ジオラマ模型」「映像」「グラフィック」などで、海・船・港の「過去」「現在」「未来」をわかりやすく紹介しています。

神戸海洋博物館HPより引用

以前から一度は行きたいと思っていた博物館!自分自身神戸とは人生の様々な場面で縁があったので、海や船についてもいつも身近にはあったものの、きちんとその事について学んだり、考えたりする機会はありませんでした。ここを訪れれば、海や船の歴史、そして隣接するカワサキワールドでは様々なテクノロジーを肌で感じる事で更に神戸や神戸港が好きになること間違いなしです♪

館内の概要と訪れた魅力

まず大きな帆船の模型が出迎えてくれ、その周りを年代を追って様々な船の模型が展示されており、船の技術の進歩やヒトの歴史を感じる事が出来ます。非常に精巧に作られたタイタニックの模型もあり、とても興味深く観察出来ました。帆船のあの複雑に絡み合った紐はそれぞれどんな役目を持っているんだろうと、注意深く見れば見るほど、色々な事が気になり結構時間が過ぎていきました(笑)日本製の船のほとんどは三菱重工業製となっており、ここでも大企業の歴史や影響力の大きさを感じました。

他には港でコンテナを積み下ろしするガントリークレーンのシュミレーターやクルーズ船の操船シュミレーターなど、大人も子供も楽しめる体験アトラクションも無料で遊べ、僕自身はめちゃくちゃ熱中しました!船の舵の難しさ、クレーンをいかに最短ルートでトラックまで運ぶかなど、職業体験として将来子供にもさせたいなーとしみじみ…

かつての職業柄、一番気になったのは海の仕事紹介のコーナーがあって、実際にその職場で働いている方々のインタビュー動画を見れたこと!よく水先案内人といって、色々先導してくれる人を指す言葉がありますが水先人という職業についてきちんと説明出来る方は少ないのではないでしょうか?海域によって様々な特徴があり、それを熟知した水先人という方が船に乗り込み、海の深さや天候、他の船の航路の状況などを総合的に判断しながら安全な航路を案内する人の事を水先人と言います。こうした事を知っていると、すごくこの言葉が腑に落ちますよね。

その他、コンテナをいかに効率的に積み下ろし出来るか指示を出す職業の方もおり、このような仕組みもAIなどと組み合わせれば最適なパターンをAIが提案し、人はイレギュラー対応やその他の業務に集中する事が出来、更に安全性や効率性が高まるのかなーと考えながら見ていました。

カワサキワールド

神戸の海が間近に広がる神戸海洋博物館内にあるカワサキワールドは、

120年を越える歴史を持つ川崎重工グループの企業ミュージアムです。

カワサキワールドでは、川崎重工グループの代表的な製品を「見て」「触れて」いただくとともに、

楽しく学びかつ遊びながら「技術のすばらしさ」と「ものづくりの大切さ」を

実感していただくことを目指しています。

カワサキワールドHPより引用

海洋博物館内に別に入り口が設けられており、川崎重工業の歴史や技術力などを身近に感じられる仕掛けがたくさんあり、男の子は特に喜びそうなコンテンツがたくさん設けられています♪

館内の概要と訪れた魅力

とにかくたくさんのアトラクションやクイズ、デモンストレーションがあり、こちらは主に体験する事に重きをおいた展示になっており、静かに見る海洋博物館と、ワイワイ楽しむカワサキワールドと上手くコンセプトを分けているなーと感じました。

館内に入ると、川崎重工業の社史と時代の流れを説明する長い掲示物が目に入り、随所にファンを唸らせるような航空機のエンジンやジェットスキー、初代産業用ロボットなどの展示があり、見る人を飽きさせません。川崎重工といえば、三菱重工、IHIと並ぶ日本三大重工メーカーのひとつ。そして唯一BtoCの接点をモーターサイクルという形で持っている企業でもあります。カッコいいバイクの展示が並び、一部跨がれる車種もあり個人的にはとてもワクワク♪

更に進んでいくと、様々な子供向けのクイズ展示、ジェットスキーのゲームやフライトシュミレーター、昔ゲームセンターで流行った電車でGOという電車シュミレーションゲーム、鉄道模型のジオラマ、産業用ロボットのデモンストレーションと、大人も子供も大興奮のコンテンツがギュッと凝縮!産業用ロボットが非常に素早くピッキングしていくデモは、どのようにプログラミングしているのかな、これは機械学習でAIを強化しているのかな、など習いたての知識をフル動員して妄想(笑)こんなゆっくり過ごせるのも一人ならでは。もちろん家族や友達と来たら一緒に盛り上がれるので違った楽しみがありますね♪

まとめ

結局じっくり見て回ったので2時間以上滞在しました!本当はもっと満喫したかったですが、早い人で1時間あれば十分に館内2つの施設を満喫出来て、そのままハーバーランドでのショッピングなども満喫出来ます。ベビールーム等もあり、再入場も当日中であれば出来るので、小さなお子さん連れの方にも嬉しい配慮もきちんとされていてオススメです。博物館や美術館と違い、細かい解説や体験を通して学ぶ仕掛けが色々あるので、違った知的好奇心が刺激され、大人になって一人で訪れると子供のときとは違った発見があって良い勉強になりました^^

今後VRが更に普及し、技術も発達すれば、世界中どこにいても、自分の国の言葉でVRを通して博物館見学が出来る。それを街の発展や企業のCXに繋げていく。そんな時代がやってくる日も近いのかな、そんなお手伝いを将来仕事を通じて出来るようにまずは目の前の仕事を頑張ろうと改めてコロナ禍での見学を通して感じました。

リンク

神戸海洋博物館:http://www.kobe-maritime-museum.com/

カワサキワールド:https://www.khi.co.jp/kawasakiworld/