製造業の究極の形!生産性も品質も、そして顧客満足度も高めるスマート工場とは?

2021年2月7日

このブログを読んで下さっている方々にとっては当たり前の内容かと思いますが、今は良いものを作れば売れる時代ではなくなってきました。多様化するニーズ、そしてスピード感が増している現代では、いかに各自のニーズに応え、それを早く提供出来る体制を構築するかがとても重要です。製造業にとっては多品種少量生産に対応出来る事は競争を生き抜く上で不可欠。それを実現させるスマート工場とはどういったものでしょうか?グロービス学び放題の動画から学んでいきます!

この講座で学べること

  • スマート工場は、ひとつの工場に留まらず様々な関係各所と情報がリアルタイムで共有されることで様々な恩恵を受けることの出来る体制が構築されている工場のこと。
  • コストを下げ、品質を改善し、多品種少量生産にも対応出来るので、顧客満足度も向上する。
  • トップのコミット、情報連携することの重要さ、職人気質の方への配慮など様々な方面に配慮して進めていく必要が出てきている。

こんな方にオススメ

  • スマート工場やIoTなどについて、もう少し踏み込んで知識を身につけたい。
  • 製造業を担当する事になり、基礎知識を抑えておきたい。
  • ITの力で人の働き方がどう変わるのか興味がある。

講座のポイント

  • スマート工場とはIoTやAIを活用し、高度な自動化を実現。
  • 現在の生産状況などの情報を一つの工場に留まらず本社や発注先の協力会社工場、倉庫など様々な関係各所とリアルタイムで繋がることで、サプライチェーンの効率化を図る製造業の体制のこと。
  • 導入効果は主に3つ。
  • 1コスト低減:人がやっていた定型的な業務などをAIが処理。人件費をAIなどのロボに代行させる事により、コストも下がるし、様々な改善策を打てるようになる、そして効率的に生産出来ることで時間短縮にも繋がる。
  • 2品質改善:IoTなどを活用して様々な情報を収集、共有する事でビッグデータが生まれる。それをAI等が分析することにより、様々な改善策を打ちやすくなり、それがさらなる品質向上につなげていく正のループにしてく事が出来る。
  • 3多品種少量生産のオーダーにも対応出来る。:人間が都度判断する必要がなくなるので、高度に自動化により様々なニーズに対して様々なケースにも対応出来るようになる。
  • 成功への主なポイントは3ステップ。1:スマート工場の構想⇒2:トライアル⇒3:運用
  • ステップ1ではトップのコミット、役割の明確化。
  • ステップ2ではスモールスタート。少しずつ対象範囲を広げていく。
  • ステップ3では、ささいな事例であっても成功事例を共有する事でメンバーをモチベートしていくこと。
  • が需要になってくる。
  • 様々な関係部署や会社感で情報共有するため、ハード・ソフト両面での規格が合わない、社外等に情報を出す抵抗勢力がある、職人気質な方にとっては機械等に持っている技術を伝える事を心理的に受け入れられない人がいることなどを認識し、ひとつひとつ向き合いながら解説していく事が重要。

まとめ

スマート工場のポイントは一つの工場内だけで完結するものではなく、関係者全員が情報を共有し、それを上手く活用して判断していく力と、周りを巻き込むトップのコミットがとても大事であることを学びました。

大手製造業が経営の最重要課題の一つとしてスマート工場を進めていく事が出来れば、下請の中小企業にとってもDX化していく、データドリブンな体質に変えていくことに繋がる。そういった意味でも大企業が持つ責任は非常に重く、意義のあることだと思いました。社外への機密情報などのやり取りに関してはブロックチェーン技術が、判断はAIが、情報を集める仕組みについてはIoTが、という形で既存の技術を上手く組み合わせて行くことでよりよい流れが加速するでしょう。そして人にとっても自分の働き方を変化に対応出来るようにアップデートしていく大切さをこの講座を通して学ぶことが出来ました。

スマート工場を経営戦略に盛り込んでいる企業へ訪問する際には今回の事を理解しておけば、色々と話しをふくらませる事ができそうです♪

リンク

グロービス学び放題(スマート工場):https://hodai.globis.co.jp/courses/b1585d5e

本格的にビジネスについて勉強したいならこのツール!あなたの学びたいがきっと見つかるはず♪(グロ放題紹介ブログ):https://fukumori-happysapuri.com/gurohoudai/